インキュベ日記

書評3400冊・漫画評7500冊・DVD評1000枚・動画評900話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

丈『宇崎ちゃんは遊びたい!』5〜7巻

サークルの清楚系女子を好きな主人公と、主人公にウザ絡みする高校時代の後輩女子(今は同じ大学の後輩)という構図。

マンネリ感を感じて購入を控えていたのだが、最近やたらと疲れているため、何も考えずに読める漫画ということで続きを購入し、かつ1巻から久々に読み返してみた結果、4巻あたりから、ちょっと方向性が変わってるな。序盤は、相手のことが好きなのに好きだと気づかない(もしくは好きなのに好きだと認めない)という両者、そして相手の好意には致命的に鈍感であるという古き良きジャパニーズラブコメスタイルであった。しかし4巻から5巻にかけて、ヒロインが主人公に恋してしまっていることを、当のヒロインが明確に意識してしまっている。

で、7巻ではヒロインが自分のことを好きであることを他ならぬ主人公が認識してしまうという。

ここからどう持っていくかな。