インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

森博嗣『今はもうない』

今はもうない (講談社文庫)

今はもうない (講談社文庫)

大学教授・犀川創平と教え子・西之園萌絵の師弟コンビが探偵役を務める「S&Mシリーズ」の第8弾。西之園が叔母と喧嘩して別荘を飛び出したとき、天気が荒れてしまい、たまたま通りがかった中年男に拾われて屋敷に行き、そこで殺人現場に遭遇するというプロローグ。
本書はトリックとしての完成度は高いようで、ミステリファンの評価も高いらしい。マンネリ化を防ぐためか、西之園がたまたま出会った中年男が狂言回し役を務めているが、凡庸で愚鈍で陳腐なこの男のダダ漏れな心理や軽はずみな行動がとにかく不快で、俺は読んでいてちっとも楽しめなかった。ここまで読み手の気持ちを揺さぶるとは森博嗣の筆力は相当なものだ……などと思っていたのだが、本書のトリックが明らかになったとき、その評価が一変する。
傑作だ!
そのトリックが読者に(というか俺に)提示されて以来、もやもやとした不快感がスーッと消え去り、色々なことが瞬時に諒解された。そして諸々の事件の全容のイメージがおぼろげながらも俺の頭に浮かんできたのである。
読み進めている際は駄作だと思っていたが、読み終えた今、確かに世のミステリファンが言うように本書はS&Mシリーズの白眉と言って良いかもしれないと思った。少なくとも「衝撃度」という点ではね。
今はもうない SWITCH BACK (講談社文庫)