インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

村上春樹+川上未映子『みみずくは黄昏に飛び立つ』

みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―

みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―

川上未映子がインタビュアーで村上春樹がインタビュイーの対談集というかインタビュー集。全4回に渡って、徹底的にインタビューしている。時期的に『騎士団長殺し』に関する記述が多いので、ネタバレを避けるためにも『騎士団長殺し』は読んでおいた方が良いだろう。
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com

わたしにとってのポイント(興味深かった点)は4つ。

  1. 本当か嘘かわからないが、村上春樹は過去の本でも語っているとおり、いわゆる文学理論みたいなものはほとんど使わずに物語を書いている。
  2. これも本当か嘘かわからないが、村上春樹は過去の本の内容を病的なほどに忘れているというのが過去の対談集などでは明らかなのだが、本書でもやはり異常なほど過去の作品のことを覚えていない。というか、『騎士団長殺し』の秋川まりえの名前すら覚えていなかった。
  3. 過去の対談集だか何だかでも出てきたのだが、村上春樹は徹底的に「文体」にフォーカスする作家である。そして本書でも村上春樹は文体の重要性を繰り返し語っている。そして興味深いことに、川上未映子も文体に意識的な作家なのだが、『乳と卵』があまりにも文体で騒がれた、しかもそれが女性の身体性から出て来た文体であることを強調されすぎて、次作の『ヘブン』では文体を変更したらしい。なお村上春樹は、『乳と卵』は文体しか語るところがない、しかしそれは素晴らしい達成だと評している。
  4. 川上未映子はフェミニストである。少なくともそう自称した。