インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』4巻

さんかく窓の外側は夜 4 (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 4 (クロフネコミックス)

いわゆるBLということなのだが、男同士のキュンキュンした純愛やエロシーンは今のところ出て来ないので、わたしでも何とか読める。オカルトを題材としたストーリーで、恐怖心(というか霊的なものに遭遇したり自分の霊的な存在を触られたりしてビクッとなる感覚)と性的快感を意図的に混同して描写しているところが、ヤマシタトモコらしい巧さがあるというか、何というか。

でも個人的には、4巻はちょっと勢いが減ってきたかなー。

このままダラッと進むのなら、購入は控えても良いかもしれない。