インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

村上龍『コインロッカー・ベイビーズ(下)』

コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)

コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)

客観的には本書が村上龍の最高傑作であろう。村上龍は通俗的で大衆に迎合してばかりの作家だと思うが、それは村上龍が(良くも悪くも)時代を敏感に感じ取るという点において天才だからだと本書を読んで改めて感じた。それにしても本書が約20年も前に書かれた作品だということは驚くばかりだ。今もなお、作品にはリアリティがある。一部の作品は時代性を乗り越える強度を持ってるんだなあ。
過剰な比喩や執拗にまとわりつくような文体が本書ではプラスの方向に作用しているので、村上龍を最初に読むのにも良いと思う。村上龍を見直すのにも良い。必読。ただ過激な表現それ自体が駄目な人は無理だろうが。