インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

藤原和博・岡部恒治『[よのなか]教科書 数学――数学脳をつくる』

数学 数学脳をつくる ― [よのなか]教科書

数学 数学脳をつくる ― [よのなか]教科書

数学的な考え方とは本質を見抜く力である――という本書の考え方は面白かったし、妥当だとも思う。俺が非常勤講師として塾の国語の授業で目指したことも「本質を見抜く」ことだったし、もちろん本質を見抜く力は数学的発想だけに限った話ではないと思う。ただ、本質を見抜く力が「よのなか」で必要とされる能力であることだけは疑いない。数学的な考え方を鍛えることで「よのなか」を生きるチカラを向上させようとする本書は、完全な文系人間である俺にも納得できる構成だった。