インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

NHK「21世紀ビジネス塾」編集委員会+しりあがり寿『スロービジネスのすすめ 7か条 強い組織はじっくりつくれ』

スロービジネスのすすめ 7か条 強い組織はじっくりつくれ

スロービジネスのすすめ 7か条 強い組織はじっくりつくれ

中小企業、地方企業のことを誠実に考えようとしたら、藤沢久美が昔やっていたNHK「21世紀ビジネス塾」というビジネス番組は外せないと思う。もう放送が終了してからずいぶん経つが、面白さも番組から得られる示唆も、未だに色あせることはない。番組の内容は、NHK「21世紀ビジネス塾」の内容は全5巻で書籍化されている。
NHKビジネス塾の教科書〈1〉 NHKビジネス塾の教科書 (2) NHKビジネス塾の教科書〈3〉燃える日本の中小企業 NHKビジネス塾の教科書〈4〉地方ビジネスに活路あり NHKビジネス塾の教科書〈5〉技術立国ニッポンの底力
上記5冊は当然の如く熟読しているが、実はその5冊以外にも本書が出版されていたことを最近知った。何たる不覚! 既にAmazonでも品切れなので、大急ぎで図書館で予約し、他の区から取り寄せてもらった次第。
内容は相変わらずレベルが高い。NHKらしいと言うべきか、いわゆるシリコンベンチャーやネットベンチャー云々といった内容では全然ない。しかし中小企業ならでは、地方企業ならではの味わいがある。人事部を廃止して異動や評価を全て社長が行うワンマン会社、60歳から入社できる会社、先着順で採用を決める会社など、それらは一見すると非合理・非常識に見える。しかしマネジメントの在り方に正解などないのだと俺は思う。その企業が上手く行っている限りにおいて、たとえ非合理・非常識に思えるマネジメントであっても(少なくともその時その場所において)機能していると言って良いだろう。年功序列も終身雇用も、その例外ではない。
いやー、それにしても面白い。またドキュメンタリー熱が自分の中で湧き上がってきた。俺は藤沢久美のコメントが好きだったので、後継番組の「ビジネス未来人」は見ていないのだが、こっちもチェックすることにしようかな。
なお、しりあがり寿がヘタウマの漫画を載せているが、これが実に巧いし、面白い。しりあがり寿といしいひさいちは、この種の漫画を描かせたら天下一品やな。incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com