インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

望月建吾+水野浩志+堀下和紀+岩本浩一+杉山晃浩『「人事・労務」の実務がまるごとわかる本』

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

  • 作者: 望月建吾,水野浩志,堀下和紀,岩本浩一,杉山晃浩
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
これは「読み物」というよりは「教科書」である。

人事業務を「手続き・給与計算業務」「労務管理業務」「採用業務」「人事企画業務」の4つに分けるのは、先日読んだ『人事がわかる引き継ぎノート』と概ね同様であるが、本のページ数の差からもわかるように、かなり細かい説明がなされている。その点では非常に参考になる。しかしながら、ただひたすら教科書を読んでいる感じで、これを精読するのは正直かなり厳しいものがある。

とりあえずサラッと読み飛ばしておいて後ほどリファレンス的に活用するのが、最も望ましい形だという気がする。