インキュベ日記

書評3300冊・漫画評6600冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

坪井賢一『これならわかるよ!経済思想史』

これならわかるよ!経済思想史

これならわかるよ!経済思想史

  • 作者:坪井 賢一
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
古典派経済学、マルクス経済学、ケインズ経済学という3つの経済学(経済思想)を、経済思想と表裏の関係にある政治思想とセットで解説した本。

まとめると以下のようになる。

  1. 古典派経済学→新古典派経済学——自由主義・新自由主義・保守主義(右派)
  2. ケインズ経済学——リベラリズム(中道)
  3. マルクス経済学——社会民主主義(左派)

歴史的経緯には正直あまり関心がないのだが、経済思想と政治思想をセットで解説すると意外に全体像が掴みやすい。その意味では、本書を必ずしも全部読まなくても、前半の3分の1ぐらいを読むだけでも価値は十分あるかもしれない。

それにしても日本の政党を思い返すと、ほんとこうした思想と切り離されているよね。