インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ヨシノサツキ『ばらかもん』12巻

ばらかもん(12) (ガンガンコミックスONLINE)

ばらかもん(12) (ガンガンコミックスONLINE)

都会育ちの若き書道家・半田清舟が、色々あって長崎県・五島列島に住むことになり、島民たち(主に近所のガキ共)との緊密な人間関係や、田舎の環境に戸惑いながらも、都会では得られない経験をする……という都会と田舎、大人と子供のギャップを軸にしたロハス漫画。

以前の感想でも書いたことがあるけれど、『ばらかもん』が発売された当初は『よつばと!』全盛期であり、どうしても『よつばと!』を強く意識した模倣品・劣化コピーなのかという懸念を多くの方が持ったようだ。私も同様である。しかし今、『よつばと!』は掲載しないことをネタにする風潮すら既に終わり、忘れ去られてきた感がある。今となっては『ばらかもん』は正直『よつばと!』を超えている。

本巻では、これまで語られることのなかった、なるの父親についてスポットが当てられている。12巻も、飽きもせず何度も何度も読んでいるが、相変わらずじんわりとあたたかい。母親もこの分だと生きているんだろうな。