インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

小畑健+大場つぐみ『DEATH NOTE短編集』

良い作品というのはそれぞれで、何度も何度も手に取ってしまうものもあれば、一度読んだだけで魂に刻み込まれてしまうようなものもある。

本作(正確には本書の元となった『DEATH NOTE』そのもの)は言うまでもなく後者だ。

わたしはおそらく『DEATH NOTE』を通して読んだのはせいぜい2回ぐらいだと思うし、最後に読んだのは5年以上前だと思うが、かなり詳細なところまで目に焼き付いている。今回、本書を読むにあたって『DEATH NOTE』を読み返すか迷ったのだが、読まなくても何の問題もなく本作に入り込むことができた。

しかし小畑健は絵が巧いな。