インキュベ日記

書評3300冊・漫画評7000冊・DVD評1000枚・動画評600話の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

真鍋昌平『闇金ウシジマくん』23〜46巻

以前、漫画喫茶で22巻まで読んでいたのだが、最近Kindleで全巻まとめ買い&一気読みした。

丑嶋馨が経営する「カウカウファイナンス」に金を借りにくる客を中心とした、社会の底辺の人間模様を描いた漫画なのだが、カウカウファイナンスは闇金である。金利も10日5割(トゴ)というとんでもない利息だ。しかし表の消費者金融などから借りれない人たちにとっては、こうした闇金が無いとそもそもお金の都合がつけられないわけで、表の消費者金融と違って記録が残らなかったりと、実は借り手にとっては良い面もある。

「必要悪」だのと通損論をぶつつもりは全然ない。なんか色々と考えさせられる。

しかしあれだ、読んでいて強く思ったのが2点で、まず汚い部屋がリアルだということ。もうひとつは、拷問シーンがめちゃくちゃ痛そうだということ。アキレス腱をペンチのようなもので切ってしまうところとか、想像した瞬間マジで寒気のようなものが襲ってきて、タマヒュンになった。