読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『SFが読みたい!2017年版』

SFが読みたい! 2017年版

SFが読みたい! 2017年版

SFマガジン編集部による、2015/11-2016/10の新作SFのブックガイド。

今回気になった(というかポチった)のは以下の3冊。

スペース金融道

スペース金融道

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ

死の鳥 (ハヤカワ文庫SF)

死の鳥 (ハヤカワ文庫SF)

どれもハードSFではない。センチメンタルな感じ。

また、パッと見た感じではあまり難解な感じもしなかった。わたしは基本的に(学生時代のごく一時期を除いて)あまり難解なものは好まない。グレッグ・イーガンは「別の物理法則」とやらに支配された宇宙を創り出すなど、ゴリゴリのハードなのだが、そこまで行かれると「作者と読者の勝負」って感じがして、もっと気楽に本を読みたいわたしとしては食指が伸びない。もう少し暇になったらそういう本も読んでみたいとは思うけれどね。

高野秀行『アヘン王国潜入記』

【カラー版】アヘン王国潜入記 (集英社文庫)

【カラー版】アヘン王国潜入記 (集英社文庫)

ミャンマー(ビルマ)のワ州というところで実際に生活して、どんな人たちがどんな風にアヘンを作っているのかを探ったルポルタージュ。この人の名前は以前から知っていたが、こんなに面白い本だったとは。アヘンがどんな風に作られているか、(地理上はビルマの中にありながら)ビルマ人のこともビルマの文字もビルマの紙幣も知らず独立国を標榜したワ州がどんなところだったか、そしてアヘンを吸うとどんな気分になるのか……本書を読むと、文化人類学的な知的好奇心がムクムクと頭をもたげてくる。

面白い!

今更ながら、この人の作品を色々と読んでみようかなという気になった。

なお、わたしのドラッグに関する知識は、アッパー系という気分を高揚させるものの代表格がコカイン、ダウナー系という気分をふにゃーっとさせるものが大麻(マリファナ)とヘロイン、あとアヘンはケシの実から作られ、大麻は文字通り麻ですね、という程度の知識しかなかった。しかし本書では、アヘンを生成することでヘロインが作られ、そこからさらにモルヒネが作られることなども説明されている。

ちなみにヘロインはドラッグの中でもトップクラスに危険なブツだとされているが、あっさりとアヘンにハマってジャンキー化していく著者の様子を読んで、ヘロインの原料たるアヘンもなかなかに危険なんだなーと認識を新たにした。アヘンは昔からある、いわば未精製のドラッグだということで、もちろん危険には違いないが、相対的にはそこまで危険なドラッグではないんじゃないかと思っていた自分がいた。しかし相対論なんて正直ほとんど意味がない。やれば、遅かれ早かれジャンキーになる。それがドラッグなのだろう。つまり依存性や毒性ということであれば、タバコやアルコールもそこそこ酷いドラッグというわけだ。筋トレでもして脳内麻薬を出しているぐらいが良いんだろうな。

南勝久『ザ・ファブル』1〜9巻

伝説レベルの殺し屋が、1年間「休業」して、大阪で身を潜めることになる。しかし根っからの殺し屋なのであまり常識がないし、身を隠すところもヤクザが斡旋した家なので、まあちょいちょい面倒ごとに巻き込まれてしまう、という設定というかストーリーライン。

独特の世界観と言うか笑いのセンスで、けっこう面白い。

片岡人生『リヴィングストン』1巻

リヴィングストン(1) (モーニングコミックス)

リヴィングストン(1) (モーニングコミックス)

Kindle版が無料だったので購入。

現世でその運命を全うした魂は来世へとつながれ成長を続ける。だが、中には予定外に死亡し、運命どおりにいかず、石となり砕け散ってしまう魂もある。それを防ぎ魂を適切に管理することが、桜井と天野の仕事である。魂が消えゆく危機にある時、2人は現れる。

とりあえずWikipediaを丸パクリしてしまったが、要は予定外に死亡する人間の元へ行き、魂を適切に導くというのが主人公たちの「仕事」である。導くというのがまた微妙な表現で、必ずしも彼らをを生かすということにはならないのだが……まあこの辺りはあまり詳しく書くとネタバレになるので、この辺でやめておく。独特のシュールな雰囲気なので、好きな人は好きだろう。

菅森コウ『駄能力JK成毛川さん』

駄能力JK成毛川さん(2) (ビッグコミックススペシャル)

駄能力JK成毛川さん(2) (ビッグコミックススペシャル)

「ちんげちらし」だの「リモコン隠し」だのといった駄能力妖怪が人間社会に溶け込んで暮らしているという設定のコメディ漫画。1巻もかなり笑ったが、2巻も相変わらず下らなさすぎて面白い。

なお本作は「やわらかスピリッツ」という小学館のウェブで連載されている作品である。1巻発売時は、そこそこ単行本が売れたことを確認してから連載が再開したのだが、既に2巻に収録されていない回が掲載されているから、3巻までは発売してくれるのかもしれない。たのしみ。

三部けい『僕だけがいない街』9巻

僕だけがいない街(9)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(9)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

8巻で完結したのだが、外伝的な位置づけの9巻も出ていたので購入。

8巻までのようなスリルはなかったが、これはこれで。

なかなか面白い作品だった。

中原淳『駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する』

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

突然化・二重化・多様化・煩雑化・若年化という5つの外部環境の激変のため、プレイヤーからマネージャーへの移行は昔よりはるかに難しくなっており、駆け出しマネージャーの3割は、その移行に「つまづく」そうだ。自身の研究成果を踏まえて、つまづきを乗り越える方法をアドバイスする、という意図の本である。

具体的に新任マネージャーが取り組むべき挑戦課題は7つ。

  1. 部下育成
  2. 目標咀嚼
  3. 政治交渉
  4. 多様な人材活用
  5. 意思決定
  6. マインド維持
  7. プレマネバランス

部下育成・政治交渉・プレマネバランスあたりは、わたしも日々迷っているというか、試行錯誤しているところがある。例えばプレマネバランス、これはプレーヤーとマネージャーのバランスということを指す。今時の会社は「マネージャー」と言っても大半がプレイングマネージャーである。しかもわたしはコンサルタントだ。コンサルタントというのは、たとえマネージャーになっても「プロジェクトマネージャー」や「現場マネージャー」は単なる管理職を意味しない。よりハイレベルな問題解決や課題推進を求められるという意味で、どこまでもプレイングマネージャーと言って良い。しかしマネージャーになると社内の仕事が増える。しかも猛烈に。そのバランスというのは結構大変なのである。

なお著者である中原淳も30代後半となり大学で管理職的なことをやらされており云々……という記述が頻発するが、こういう学者と企業人では「マネージャー」といってもその性質が全く違うような気がして、特に著者との連帯意識のようなものは感じない。あと、著者のこれまでのコンセプトと重複するところがあり(内省の話とか)、内容への新鮮さもあまり感じない。それを除けば、かなり良い本だと思う。