インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

松本ひで吉『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』1巻

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(1) (パルシィコミックス)

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(1) (パルシィコミックス)

犬と猫をどちらも飼っている作者のエッセイ漫画。

大体パターンは決まっていて、素直な犬と、気まぐれな猫で、猫の振る舞いがオチになっている。

けっこう面白い。

おぶうのきょうだい『俺、つしま』

俺、つしま

俺、つしま

猫漫画。

つしまというデブ猫が一応主人公なのだが、飼い主のじいさん(ばあさん?)は他にも猫を飼っており、他の猫が主人公っぽくなることもある。

こういうの読むと猫を飼いたくなるなあ。

ノッツ『初情事まであと1時間』3巻

初情事まであと1時間 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

初情事まであと1時間 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

行為が終わった後の「ピロートーク」ならぬ、行為が始まる前の1時間をひたすら描写するという漫画。

面白い設定なのだが、やや出オチ感があり、3巻ともなると予想通りマンネリズムが漂い始めてきた。

3巻で終わらせても良かったぐらいだが、続いているので、ここは是非4巻で完結させるべきだな。

雨瀬シオリ『ここは今から倫理です。』2巻

ここは今から倫理です。 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ここは今から倫理です。 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

クールで格好良いがコミュ障気味な倫理の先生が、生徒の悩みと向き合っていく漫画。

「倫理」という選択が面白いというか、それに尽きるというか。わたしは倫理の授業がなかったけれど、簡単な哲学や現代思想ぐらいは学ぶんだな。受けたかったなー。

太陽まりぃ『ギャルごはん』4巻

ギャルごはん 4 (ヤングアニマルコミックス)

ギャルごはん 4 (ヤングアニマルコミックス)

やばい、つまらない。

1巻は面白く、2巻はつまらなく、3巻は少し持ち直したと思ったが、4巻でやはりつまらないと思ってしまった。あまりにも主人公の先生がKYなのだが、この手の「主人公が鈍感であるが故に成立するラブコメ」というのは既に手法としてやり尽くされている。思春期の「お互いを十分に意識しているが、意地を張っているが故に相手への思いが抑え込まれてしまったが故の鈍感さ」ならまだ見ていられるが、主人公は高校の先生だからね。先生が、JKからのアプローチにドギマギしたり、本気の思いにドキッとしたり悩んだりするというのなら、まだわかる。でも「良い年こいた大人の病的な鈍感さ」になると正直もう見てられない。それに結局、能動的にも受動的にも何の魅力も出していない主人公の下に、理由はわからない(もしくは大した理由ではない)が可愛い女の子が一人二人と好きオーラを発しながら寄ってくる、つまりこれはハーレム漫画に過ぎないのだなと。

2巻から微妙だなーと思いつつ買い続けたが、5巻はないかな。

岩本ナオ『マロニエ王国と七人の騎士』2巻

マロニエ王国の七人の騎士(2) (フラワーコミックスα)

マロニエ王国の七人の騎士(2) (フラワーコミックスα)

名前もややこしい、顔も書き分けられてない、ということで読み進めても一向にピンと来ない。過去作はそんなこと感じなかったのだが、本作は登場人物が多すぎるのかな。うーん。

三輪豊明『USCPA(米国公認会計士)合格へのパスポート』

USCPA(米国公認会計士)合格へのパスポート〔第3版〕: グローバルキャリアをめざせ!

USCPA(米国公認会計士)合格へのパスポート〔第3版〕: グローバルキャリアをめざせ!

ちょっとした伝手で入手。受験資格の確認や申し込み等、かなり複雑だなあ。