インキュベ日記

書評2900冊・漫画評5300冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

羽海野チカ『ハチミツとクローバー 「やさしい風」』、『ハチミツとクローバー 「君は僕のたからもの」』、『3月のライオン』14巻

ハチミツとクローバー「やさしい風」【コミックス未収録話・1】 (その他)

ハチミツとクローバー「やさしい風」【コミックス未収録話・1】 (その他)

3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)

久々にハチクロを読めて嬉しかったのか、読みながら、なんとなーく昔の記事などを思い出していた。それは、羽海野チカという人はハチクロを描いている際に「リア充扱い」をされて難儀したらしい、というものだ。キラキラした芸術大学でのキラキラした青春や恋愛を「リアル」に描いたというので、作者も当然リア充な人生を謳歌してきたんだよねという、やっかみめいた決めつけロジックである。

しかし(あとがきを読んでいると何となくわかるが)羽海野チカという人はそういうリア充的な青春や恋愛とは程遠い人生だったことを何かのインタビューで述懐していたことがある。色々と辛いこともあったようだ。むしろリア充ではなかったからこそ、空想・妄想を膨らませ、せめてそのような作品を自分で作り愛でたい、という強い衝動を保てたのだろう。

それによくよく思い出してみると、ハチクロの登場人物がリア充集団かというと、必ずしもそんなことはなかった。そもそも恋愛模様だって、三角関係どころか五角・六角の人間関係で、それらほとんどすべてが片思いで構成されるという難しさだった。古い作品なので軽くネタバレしてしまうが、主人公を含めた半数以上の人間の片思いは成就しなかった。あるいは成就したがリスク含みのものである。しかしそれでもハチクロは我々の胸を打った。その理由は、リア充の輝きなどではなく、非リア充な登場人物が自分ではなく他人のために、すなわち「優しくあるため」に皆が努力を払うという人間関係や世界観に魅力を感じたからである。さらに言うと、本作のモチーフ(素材)は報われない恋心だったが、そのモチーフが「報われない経験こそが人生を深く濃密にする」というテーマ(主題)に昇華したという意味で、わたしはハチクロを深く愛しているのである。

さて、なぜそんなことを思い出していたのかというと、この「やさしい風」と「君は僕のたからもの」はハチクロ本編の後日談的なエピソードである。ハチクロ本編における主要登場人物は、それこそ暴風雨のような感情の起伏があったのだが、おの後日談における登場人物は随分と落ち着いたものだ。登場人物が果たしてリア充になれたのかどうかは知らないが、それぞれ、一筋縄では行かない経験を糧に、それなりの「居場所」を得たのだと感じた。そして奇しくも『3月のライオン』においても、ここしばらくはずっと平穏なエピソードばかりが続いている。これが何かを意味するのか、それとも単なる偶然なのか、そんなことを邪推してしまったのである。徹底的に読者をゆるふわな気分にさせておいて、また(ハチクロ本編や3月のラインの初期・中期のような)ジェットコースターのような展開が待っているのではないかな、とかね。

森田まさのり『べしゃり暮らし』全19巻

べしゃり暮らし コミック 1-19巻セット (ヤングジャンプコミックス)

べしゃり暮らし コミック 1-19巻セット (ヤングジャンプコミックス)

『ろくでなしBLUES』や『ROOKIES』を描いた作者による漫才漫画。

漫画で漫才を描くというのがどうもピンと来なかったのでこれまで読んでいなかったのだが、一周回って「新たな挑戦なのかな」と思い、手に取ったところ、どストライクだった次第。めっちゃ面白い。

あと森田まさのりは、キメ顔を書くのが上手いな。今ならドヤ顔か。何とも言えないリアルな表情で、見てるとゾクゾクしてくる(笑えるという意味で)。

恵三朗+草水敏『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』13巻

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(13) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(13) (アフタヌーンコミックス)

世にも珍しい「病理医」を描いた医療ドラマ。

いわゆるジャンル漫画としては、最近は「料理漫画」や「なろう系」がブームだが、昔から一貫して人気があるのは「医療漫画」である。主人公が天才医師だったり研修医だったり獣医だったり医大生だったり薬剤師だったりとバリエーションは豊富だが、やはり医療というのは生死に直結する場面も多い。つまり、簡単に、と言っては大変失礼だが、少なくとも読み手に違和感を感じさせない程度には、他のジャンルよりも多くの「人間ドラマ」や「クライマックス」を埋め込めることができる。それが人気の源泉なのだろうと思う。

その意味では、この病理医という存在は基本的に患者と対面しない。だからそういう盛り上がりを演出するのは難しいはずなんだが、色々とその辺工夫しながら巧く読ませてくれている。

13巻では腎移植という、これまた超弩級に重いテーマを持ってきた。どんな最新技術と設備でも、未だに超えられない「腎臓」という臓器の機能。しかし複雑であるが故に、一度不調になると、なかなか辛い。人工透析なんかは本当に大変だろう。だから当然、腎臓の移植というアプローチが出て来るわけだが、本作では、生体腎移植・死亡腎移植に続き、何年か前まで病気だった方の腎臓を貰うという病気腎移植というテーマをブチ上げている。過去にガンを患った方の腎臓を移植して、移植された方もガンになると辛いものがある。だからガン完治後最低5年は移植をしてはならないというガイドラインがある。しかし5年より早く移植をした場合どの程度の危険があるのかはわからない。ガイドラインだから駄目だというだけだ。しかも、そもそも腎臓の提供者の数は圧倒的に不足しているわけで、運良く親族が腎臓を提供してくれて適合者がいますという場合も、腎臓の提供者が年配の場合はあまり待っていられない。また、患者が今「透析なし」で治療をしているが、もうすぐにでも人工透析を始めねばならないという状況の場合、臓器提供者がすぐ近くにいるなら人工透析ではなく腎移植にすがりたいだろう。これらの複雑な状況を踏まえ、本作の主人公たちは元ガン患者の腎臓移植に踏み切るわけである。

安定作なので最近はテキトーに感想を書いていた作品だが、改めて1巻から読み返すと、とてつもなく面白い作品だ。

14巻どうなるかな。

板垣巴留『BEASTARS』12巻

BEASTARS 12 (少年チャンピオン・コミックス)

BEASTARS 12 (少年チャンピオン・コミックス)

肉食獣と草食獣が共存する世界。擬人化された獣が同じ言語を話し、同じ世界に生きる。彼らは(肉食獣を含めて)肉を食べることはご法度とされ、もちろん肉食獣が草食獣を殺すことなど重罪。しかし肉食獣に、肉を食べたいという本能は残っている……という、なかなか深みのある世界観の物語。

もう少し詳細な世界観の説明は、1〜4巻の感想で書いたので、そちらを参照してもらいたい。
incubator.hatenablog.com

で、この独特の世界観において、肉食動物が草食動物を食べるというのは、もうとんでもない悪行なのだが、そんな悪行が何と、肉食動物と草食動物の「共学」たるチェリートン学園で発生。主人公のハイイロオオカミのレゴシはずっとこの事件を追っていて、まあ11巻から12巻にかけて一応の解決を見たわけで、他の諸々も一定の解決や着地を見て、「あーこれでこの物語も終わりか」と思ったの束の間、まさかの新展開な感じ。

どうなるんだろう、13巻が早くも待ちきれない感じ。この作品は本気で大推薦なので、気になる人はぜひ手にとってほしい。

オジロマコト『猫のお寺の知恩さん』9巻

猫のお寺の知恩さん(9) (ビッグコミックス)

猫のお寺の知恩さん(9) (ビッグコミックス)

完結してもうた!

オジロマコトという人は、元々『富士山さんは思春期』という富士山のように高身長な女の子と小さな男の子のラブコメというか何というか……を描いていて、独特のフェティッシュな作風だなあと気にはなっていた。なので本作も1巻から飛びついたのだが、予想通り独特のフェティッシュな感じで実に面白かった。9巻での完結というのはやや早い気もするが、まあ特に大きな動きのない作品なので、これぐらいが読者が飽きてこない適正分量ということなのかもしれない。

早くも次回作に期待。

守屋貴司+中村艶子+橋場俊展『価値創発(EVP)時代の人的資源管理』

価値創発(EVP)時代の人的資源管理:Industry4.0の新しい働き方・働かせ方

価値創発(EVP)時代の人的資源管理:Industry4.0の新しい働き方・働かせ方

価値創発時代だのIndustry 4.0だの色々と目立つキーワードが書かれているけれども、内容はそんなに目新しさを感じなかった。

Amazonでのレビューは2件とも高かったので、AIとかIoTとかに普段あまり接していない人にとっては目新しいのかもしれない。わたしはテクノロジーの変化をそれなりにキャッチしながら仕事をしている方なので、「この程度の潮流なら読まなくても知っている」と思ってしまった。

ただし人的資源管理の基本的な要諦は押さえているので、新規性にあまりこだわらなければ、よくまとまっているかなとは思った。

落合陽一『日本進化論』

日本進化論 (SB新書)

日本進化論 (SB新書)

ニコニコ動画のイベントで色々がちゃがちゃやったそうなのだが、その時の議論の内容をまとめた本らしい。イベントの内容をまとめたとあるが、落合陽一の思想やキーワードがふんだんに盛り込まれている。その意味では、単なるイベントレポートよりは、落合陽一の入門書として読んだ方が良いような気がする。落合陽一のこれまでに読んだ本の中では、(中身の深さは置いといて)最も読みやすい気がする。