インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

小川一水『天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC』

天冥の標? 新世界ハーブC

天冥の標? 新世界ハーブC

小川一水が10年がかりで「全部盛り」で書き切った全10巻の壮大な長編SFシリーズ、その第Ⅶ巻。

全10巻というところがミソで、全10冊とは言っていないということで、結局全17冊で先日完結した。わたしはこの作品の大ファンなのだが、あまりにも待たされる日々にやきもきしてしまい、第Ⅶ巻以降を読むのをあえてストップし、第Ⅰ巻〜第Ⅵ巻までを読み返す日々を送っていた。物語の始まりとなる第Ⅱ巻などはもう10回は読み返しているし、個人的に気に入っていた第Ⅲ巻や第Ⅳ巻も何度か読み返していたのだが、何となく第Ⅰ巻や第Ⅴ巻はピンと来ずあまり読み返していなかったり、第Ⅵ巻は面白いとわかっているんだが重すぎて読み返す気にならなかったり……という感じで、幾年月。本作がついに完結したというところで、第Ⅰ巻の上巻から読み返し、ついに第Ⅶ巻に手を付けることにした次第。

この物語は壮大すぎてなかなかネタバレなしに語ることが難しいのだが、すごーく簡単に書くと、第Ⅰ巻では、西暦2804年という未来において、メニー・メニー・シープというどこぞの惑星(植民星)で、人類が暮らしていた。しかし実のところメニー・メニー・シープは開拓地としてやや不十分であった。エネルギー資源に乏しい上、地球から遠く離れて連絡船が来ないし、自分たちが乗り込んできた宇宙船は壊れて使い物にならないとされている。そして概ね平和ではあるものの、移民初期に活躍した臨時総督が世襲的にこの星を支配し、民主主義の根幹たるべき議会も形骸化して機能していない。資源不足から来る電力制限も一層厳しさを増している。そんな中、人類がメニー・メニー・シープに移ってきて300年を迎えるどさくさに紛れて、臨時総督や一部の議員が(自分たちが300年前に乗ってきた)宇宙船に乗って宇宙に逃げ出すという情報がリークされ、主人公たちは抵抗運動というか革命運動に身を投じる。で、ついに革命がクライマックスに、というところで、読者の全員はおそらくこうなる。

えっ、えええーーー!!!

すんごいどんでん返しである。

ちゃぶ台返しと言っても良い。

ストーリーのブン回しである。しかし目が離せない。

革命どうなっちゃうの、メニー・メニー・シープどうなっちゃうの、この次は……と。

そこで第Ⅰ巻が終わるのだが、なぜか第Ⅱ巻では舞台が西暦2015年に巻き戻り、21世紀初頭の地球で突如発生した致死率95%の疫病「冥王斑」をめぐるストーリーが展開される。この冥王斑という疫病は伝染病で、極めて感染力が強く、しかも病気が治った後も体内にウィルスが残り続ける。つまり一度病気になったら、運良く生き残っても死ぬまで「患者」であり、一般社会からは切り離されてしまうのである。その凄まじい病気が描かれるのだが、そもそもこの冥王斑という病名や、その他の各種キーワードや登場人物の性は第1巻でもチラチラと出てくるのである。そして読者は気づく。なるほど、実は第Ⅰ巻は物語のクライマックスもしくは中盤あたりで、第Ⅱ巻がこの物語の「はじまり」で、第Ⅲ巻以降はしばらく、第Ⅰ巻、すなわち西暦2804年までの人類が描かれるのだなと。

果たしてその通りで、第Ⅲ巻以降は、人間の立場だけでも冥王斑の患者たちに、患者を支援する医師団、国境を超えて「保険」のチカラで宇宙を実質的に支配する保険会社、真空で生きられるよう自らを遺伝子レベルで改造しちゃった人々、宇宙でも地に足のついた生活をということで農家や羊飼いとして生きる人々、それから人間だけでなく、いわゆるアンドロイド、複数の知的生命体などなど、実に様々な勢力が様々に宇宙に進出し、関与していることが判明するのである。

そして第Ⅶ巻。わたしとしてはただ流されるまま読み進めていたのだが、第Ⅰ巻で出て来た「議会(スカウト)」がこうなるのか、メニー・メニー・シープとはこういうことなのかと、冒頭から圧倒され、衝撃を受けた。これは第Ⅰ巻の直前の前日譚とでも言うべきものだが、世界そのものを描写していると言っても良いほどの、恐るべき構想力だ。何度も、しかも第Ⅰ巻から全部読み返して記憶が鮮明な今のわたしでも、物語の全容を完全に理解することは難しい。決して文体は難解ではないのだが。しかしこのブン回しぶりがとにかく快楽的だ。

まだ完結していないのだが、あえて言いたい。

必読である。

畑中学『2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ』

2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ

2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ

不動産会社の新人営業マン向けの本かな。

どういう点に着目して仕事を進めれば良いか、どういう手続きが必要か、ということをコンパクトにまとめてくれており、門外漢にもわかりやすい。

なお、不動産投資に関する入門書ではないので、その手のことを知りたい人は別の本を読む方が良い。(ニーズはこちらの方が高いと思うが、この手の本は腐るほどある。)

三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部『不動産ビジネス プロフェッショナル用語辞典』

不動産ビジネス プロフェッショナル用語辞典

不動産ビジネス プロフェッショナル用語辞典

  • 作者: 三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
書名のとおり、どこまで行っても用語集であり、それ以上でもそれ以下でもない。

面白さは期待できないが、目的に合致した方には使える本。わたしは役に立った。

JBSテクノロジー株式会社『みんなが知っておくべき運用設計のノウハウ』

みんなが知っておくべき運用設計のノウハウ

みんなが知っておくべき運用設計のノウハウ

これはめっちゃ良い本。

わたしはシステム運用については正直ほとんど詳しくないのだが、本書はとにかく素人でも非常に読みやすい。運用および運用設計とはそもそも何なのかという話から始まり、要件定義・設計・テスト時に何をすれば良いのかを具体的に説明してくれている。わたしはこれを読んでかなりクリアになったというか、この本さえあれば、クライアントと通り一遍のことを話すぐらいならもう悩むこともビビることもないなと思った。この本でわからないような内容であれば、自信を持って「わかりません」と言い、専門家に引き継げば良いのである。

何度も読み返したい。

冷泉彰彦『自動運転「戦場」ルポ』

日本を代表するアメリカ・ウォッチャーである著者が、自動車の「自動運転」の最新状況をルポ。個人的には、「自動車」はアメリカの過去・現在・未来を象徴する存在と言っても過言ではないので、アメリカという視点で詳しく知れるのは非常に興味深かった。2025年とか2030年で自動運転が実用化されると言われているが、果たしてどうなるかな。スマホが登場して10年、携帯電話が今のレベルで浸透して20年、という歴史のスピードを勘案すると、あと10年後に車の運転が自動化されても決しておかしくはない、わけだが、本書を読む限り「そう簡単じゃないな」という予感を持った。自動運転になったら正直、家をより田舎&小さくして、自動運転車を買いたいところだが。移動しながら本も読めるし眠れるし大声で英語の練習もできるし。

廣瀬匠『天文の世界史』

天文の世界史(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)

天文の世界史(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)

太陽暦や太陰暦といった基本的事項から、天文学に関わるあれやこれやを講義してくれている本。天文学なんて小学校とか中学校の授業以来ほとんど知識が増えていなかったので、なかなか面白かった。月が見えていない状態をなぜ「新月」と呼ぶかなんて考えたこともなかったなあ。

冷泉彰彦『トランプ大統領の衝撃』

トランプ大統領の衝撃 (幻冬舎新書)

トランプ大統領の衝撃 (幻冬舎新書)

「アメリカ・ウォッチャー」として個人的には大変貴重な存在である冷泉彰彦の著書。

トランプ大統領の誕生後すぐに出された本で、やや雑な感じは否めないが、個人的にはトランプ大統領がなぜ誕生したかの考察が非常に興味深かった。例えば、トランプ大統領は保守的で差別大好きで知的ではない貧困層が支持していたというステロタイプなイメージがある(あった)が、実のところ「中の上」や「富裕層」も多く投票していたわけだ。このギャップを解明しないことには、トランプ大統領が誕生した理由もわからない。著者はいくつかの仮説を提示しているが、個人的にもいくつか「なるほど」と思える点があった。

まず、トランプは、単に貧困層の憂さ晴らしとして票を集めた訳ではなく、現状に不満を持っていたり後がなかったりする人の支持を幅広く集めたという仮説である。例えば、ヒラリーは「学び直しの機会を提供する」と正論を述べたが、これはどこまで行っても正論なのだ。仕事で疲れているのにこれ以上学びたくないよという人もいるし、仕事に育児に介護に地域づきあいと既に十分に忙しいのに少々金を援助されたところでこれ以上学ぶ時間など取れないという人もいる。そもそも勉強が嫌いだったり苦手だったりする人もいるだろう。アメリカは日本よりもはるかに就業上の年齢差別は少ないので、本人に学ぶ意志があれば新たな仕事に就くことは容易である。しかし生粋のトラックドライバーが50歳から経理の仕事を学ぶかと問われても、それはちょっと難しいし、仮に学んでも大した地位にはつけないだろう。トランプは、こうした正論に反感を覚える人に対して「その反感わかります、私は知的ではないし、知的でない人が好きです」と言ってのけたのだ。それはどこまで行ってもポピュリズムかもしれない。これが言える偉大なる凡庸さを持った政治家は、これまで大統領レースには登場してこなかった。

次に、トランプは過激な政策や発言を次々にブチ上げたが、あれらは「比喩」であり、「言葉通り」に受け取ってはならなかったという仮説である。メキシコとの間に壁を作るという話は日本でも話題になったが、トランプ就任後2年が経っても未だに作られないし、作られる気配もない。結局あれは、本当に作るわけではなく、メキシコからの移民によって職が奪われた人の心情を「比喩」によって代弁しただけなのかもしれない。

さらには、実際にはトランプ支持だったにも関わらず、各種アンケート調査ではヒラリー支持と回答していた人たちが多くいたという仮説。これもよくわかる。下品で差別的で非知的な存在がトランプだが、それ故に「スカッとして」こいつに一度やらせてみたい、あるいはどうせヒラリーが当選するだろうが自分はトランプに投票してみよう、と思った人が多くいても驚くには当たるまい。しかしそれを公に表明するのは躊躇われる。自分が下品で差別的で非知的な存在だと表明するようなものだからだ。だからマスコミや各種団体の調査は、ことごとく、実態のトランプ人気よりも下に数字が出ていた……そういう仮説である。これも頷けるものがある。

基本的にアメリカでは、一度大統領に就任したら8年間大統領を続けているイメージだが、このまま行くとトランプも4年間ではなく8年間大統領を続けることになるだろう。何だかんだで今もそれなりの支持率を集めているからだ。というか、トランプが大統領に就任することで地獄のような世界が待っているのかと人は怯えたが、今のところ「ほどほど」の世界でとどまっている。これは何を意味するのだろう? 結局、誰がやっても一緒ということなのか?