インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

米澤穂信『夏期限定トロピカルカフェ事件』

夏期限定トロピカルパフェ事件 小市民シリーズ (創元推理文庫)

夏期限定トロピカルパフェ事件 小市民シリーズ (創元推理文庫)

米澤穂信の作品群の中で、いわゆる「小市民」シリーズと呼ばれているものの、第二弾。

シリーズ第一弾は「春期限定いちごタルト事件』で、続編である本作も紙媒体で買っていたはずなのだが、どうも気が乗らず、7年以上も未読のまま結局紙媒体は手放してしまっていたようだ。この度、『春期限定いちごタルト事件』をKindleで読み返したので、本書に再挑戦した次第。と言っても、正直『春期限定いちごタルト事件』を再読して面白かったかと問われると、今回読み返してみても以前のブログの感想とあまり変わらず、ちょっとピンと来なかったんだよな。キャラの強烈さに否応なく引かれた(≠惹かれた)のは確かだが。

incubator.hatenablog.com

それでも続きを読もうとしたのは、古典部シリーズも最初はピンと来ていなかったけれども途中から面白くなったので、これも面白くなるかなーと単純に思った次第である。で、本書『夏期限定トロピカルパフェ事件』まで読んで何となく面白さがわかってきたというか。

主人公は、彼の言葉でいうところの「知恵働き」が得意だ。もっと端的に言うと自分は頭が良いと思っていて、他人の喋ることのオチがすぐわかったり、他人が悩んでいる謎の答えがすぐ見えたりするそうだ。で、小学校や中学校の時代にはそれを鼻にかけ、賢しらに他人をやり込めたり謎解きを披露したりもしたそうだ。だが、自分が良かれと思って他人のために知恵働きを披露した場合でも、喜ばれるばかりではなく不審に思われたり、逆に嫌われたりすることも多々ある。それで主人公は何かしらひどく傷ついたらしく、その結果、高校生活は「小市民」をコンセプトに、現状を肯定して何も変化しない、面倒事に一切関わらず、知恵働きも一切見せない、という生活を送ろうとする。そして実はヒロインはヒロインで「復讐」という謎の行為に惹かれ、自分に悪意を持って近づいた人間や害を及ぼした人間をそれ以上の徹底さでやり込めることに喜びを感じていたそうだが、やはり主人公と同じく小市民コンセプトを高校生活では目指そうとする……とまあそういうアウトラインである。

わたしは正直「知恵働き」「復讐」「小市民」いずれも魅力に乏しく、下らない人間像だなと思っているのであるが、『夏期限定トロピカルパフェ事件』まで読むと、わたしの中での印象が少し変わってきた。ヒロインはともかく主人公は、知恵働き、すなわち謎解きに取り憑かれた賢しらな自分を、ただ単に「過去の嫌な自分」として捉えているわけではないことがわかる。自分の欠点である同時に、自分の本質であることを理解している。謎解きを披露する自分が否応なく高揚していることも理解している。で、それを乗り越えようとしているのである。つまり小市民へのアプローチは、物事を斜めに見た中二病丸出しな隠居生活ではなく、より良い人間になろうとするための主人公なりの苦闘なのだ。

わたしは思う、これは「思春期ならではの悩み」では全然ない。大人になっても、いや大人こそ、自分の本質的な部分が何かしらの欠点として周囲に作用する時に、それをどう乗り越えようか深く悩んだりするのではないだろうか。もちろんその乗り越え方が「小市民」なのかという疑問はあれど、今が、主人公が未熟なひとりの高校生であるが故の試行錯誤プロセスの真っ只中なのだとすれば、そのことにもいずれ気づくのではないかと思う。

関口賢『月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!』

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! (文春e-book)

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! (文春e-book)

断食は良いだの悪いだのと色んな人が色んなことを言っているが、わたしは昔から「1日3食の規則正しい食事」って何なんだろうと思っている。そもそも規則正しい食事が確立したのは農耕が確立した過去数千年で、1日3食食べるようになったのも100年かそこらである。昔の日本は1日2食だったと言われている。なお、わたしは子供の頃は親がきちんと朝食を作ってくれたから1日3食しっかり食べていたが、今は(準備や後片付けが面倒なので)朝食は食べていない。だが少なくとも感覚的には、朝食を食べないから力が出ないとか頭が働かないというのは嘘で、仕事をする上でも休日にハイキングをする上でも、はっきり言って何の問題もない。慣れの問題のように思う。

もう少し書くと、西洋医学に基づく栄養学は、あの栄養も必要、この栄養も必要、と盛んに警告するが、よく考えてほしい。太平洋のポリネシア諸島に住む人たちは、ほぼタロイモしか食べていない、すなわち栄養学的には明らかに栄養不足なのに、ムキムキマッチョな人がいっぱいいるのである。昔の日本にも、明らかに栄養不足だし、満足な朝食も栄養豊かな昼食も食べていないと思われるのに、とんでもない強行軍で移動する飛脚がいたし、松尾芭蕉はとんでもないスピードで旅をしている計算になるし、伊能忠敬も地図を作るために地球1周分は歩いたと言われている。今と比べて明らかに栄養不足なのに何故そんなことができたのか? それが微量栄養素なのか、腸内環境なのか、今のわたしにはわからないが、少なくとも「栄養素と1日3食の規則正しい食事があれば万事解決」というわけではないだろう、ということはわたしにもわかる。

そうすると、わたしが気になるのは、ほぼ繰り返しだが「1日何食が適切なんだ?」「たまには食を抜いて不規則にしても良いんじゃないか?」ということである。

上記のわたしの疑問に対して、本書の考え方は明確である。1日3食自体には別に何の問題意識も持っていないようだが、現代人は明らかに食べ過ぎであり、体や胃を休めるために少食を心がけるべきである、という考え方だ。しかし少食と一口に言っても、これまで大半の人が実践できていないから体重や体型の悩みを多くの人が持っているのが現状。一番やりやすいのは、週に1回、何も食べない断食の日を作ることである。断食は体の調子をリセットする効果があり、老廃物を排出する効果がある。そして週1の断食を何回かやると体質も変わってきて断食に慣れてくるし、断食に慣れてくると少食にも慣れて痩せやすくなる……とまあ、こんな感じのアウトラインである。本書にはもっと詳しく手順やポイントが書かれている。例えば、月曜は胃腸を休める「断食」、火曜〜金曜は体に良いものを少しだけ食べる「良食」、土曜と日曜は好きなものを食べる「美食」、という1週間の食サイクルを推奨している。また慣れてくると、3日間の断食を月に1回やるとか、そういうのも効果があるらしい。

余談

少食や断食について知るため、西式甲田療法に関する本を最近いくつか読んでいるが、これは西式甲田療法とは全く違う流派。著者は中国系の鍼灸師である。

原田尚『サイクリーマン』1巻

サイクリーマン(1) (モーニング KC)

サイクリーマン(1) (モーニング KC)

サイクル or サイクリングとサラリーマンを掛け合わせて、サイクリーマン。最初はサイクルしかわからなかったが、リーマンもかけてるからこういう表紙なんだな。

主人公は社会人2年目の若手サラリーマン。納屋の整理をしていて、埃をかぶったロードバイクを見つけた主人公は、久々に自転車に乗ってみることにして、出先でたまたま出会った自転車乗りと知り合い、意気投合する。しかしたまたま知り合ったその人は、異動してきた会社の直属の上司に当たる人だった。しかし会社は会社で節度を持って接し、休日は自転車仲間として接することにする……とまあ、そういうプロローグ。主人公はかつてプロのロードレーサーを目指していたそうだが、膝にはぶっとい傷跡があり、プロとしてヨーロッパを転戦する弟との仲も微妙な感じ……と、主人公側に色々と明かされていない事情がある感じ。

これから主人公や上司がファンライドを通して自転車の面白さを(再)発見する物語になるのか、主人公が再度プロの自転車乗りを目指す物語になるのか、はたまた全く違う物語になるのか、今のところ予想がつかない。けど「自転車」という軸があってふわふわと読むだけでもけっこう面白い。

馬場康誌『ライドンキング』1〜3巻

プーチンを思わせる武闘派の大統領が、ある日、異世界に転生! というありそうでなかった設定。

この武闘派大統領は、人並み外れた体力と体術を持っている上、気合を入れると異世界で言う「魔力」を膨大に出力することができる、という謎チート能力を持っている。それでいて、金も名誉も不老不死も要らず、ただ強大な敵に挑んでそれを乗りこなしたいという強い思いがある……だから異世界で生息する竜だのケンタウロスだのを乗りこなしたい、とまあそういうお話。

まあ作者は、そんなこたぁどうでも良いから筋肉を描かせろ、と思ってるかもしれん笑

続きが楽しみな漫画がまたひとつ増えた。

遠藤達哉『SPY × FAMILY』2巻

SPY×FAMILY 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

SPY×FAMILY 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

父はスパイ、母は殺し屋、娘は超能力者(相手の心が読める)。

父は、敵国の要人に近づくために名門校に娘を入学させる必要があり、家族が必要だった。

母は、良い年をして結婚しないことで周囲から疑われるリスクを避け、殺し屋稼業を続けるため、家族が必要だった。

娘は、劣悪な施設から抜け出し、わくわくする毎日を送るために、家族が必要だった。

それぞれがそれぞれの出自や目的を隠し、かりそめの家族を作り上げる……そんな物語。

とはいえ母は天然キャラ寄りで、娘は(相手の心は読めるけど)頭が良いわけではないため、全体としてはコメディ寄りのドタバタ劇。

作画・ストーリーともに安定しており、安心して読める。

藤本タツキ『チェンソーマン』4巻

チェンソーマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

デビルハンターとして借金取りにこき使われていたワープア主人公が、色々あってお供に連れてた悪魔と合体して、その名の通りチェンソーマンになって、今度は公僕の犬となってデビルハンターの稼業を続けるというアウトライン……だったんだが、なかなか展開が早い。4巻にして、当初のお仲間がほとんど死んでおり、主人公は明らかに今の自分では勝てない敵に挑むため(というか3巻でボッコボコされた)、特訓のようなものをする。が、それも雑。そして雑なまま敵陣に突入するような感じに。

ざらついた絵柄、光るコマ割りやカメラワーク、絶妙に感情移入させてくれないキャラクター、そして上記で書いた予想のつかない展開……これはジャンプらしからぬ傑作だ。しかも王道っぽさもちょっとだけあって、これがまた絶妙なバランス。ジャンプは陣容が厚いというか、懐が深いというか。

5巻も気になるなー。

山田胡瓜『AIの遺電子 RED QUEEN』5巻

AIの遺電子 RED QUEEN 5 AIの遺電子 RED QUEEN (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 RED QUEEN 5 AIの遺電子 RED QUEEN (少年チャンピオン・コミックス)

あれ、完結してしまった。

『AIの遺電子』では、人間、人間と同じような心と権利を有して生きているヒューマノイド、人間やヒューマノイドに仕えるロボット、ヒューマノイドやロボットを生み出した超高度AI、という4つの知的存在がいるという設定の下、主人公はヒューマノイドを専門とする医師として一話完結式の物語を(良い意味で)大量生産していた。その後、『AIの遺電子 RED QUEEN』として、国家レベル・民族レベルでの非常に大きな物語を展開し始めたんだが、正直なところRED QUEENについては風呂敷を広げるのも畳むのもやや失敗したかなと思う。消化不良というかね。

まあ仕切り直して、また新しい作品を読ませてくれることを期待している。