インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

水口尚樹『早乙女選手、ひたかくす』3巻

早乙女選手、ひたかくす(3) (ビッグコミックス)

早乙女選手、ひたかくす(3) (ビッグコミックス)

背が高くて男らしい女性と、強さに憧れるが現状あまり強くない(しかし優しい)男が、お互いに惹かれ合って付き合うという構図。

この手の設定はよくあるというか、考えやすいのだが、まあ萌えの要素を取り入れたり、キャラクターの現代的な設定によって、ほのぼのニヤニヤ楽しめる漫画になっている。

九井諒子『ダンジョン飯』5巻

ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)

ダンジョンで殺したモンスターを食べながら冒険をする、というアイデア勝負の料理漫画から、完全に第二段階へと漫画としてのステージが上がった。色々なキャラクターが登場し、思惑なんかも色々と出てきて、さあこれからどうなるか。意外にアイデア勝負だけのシンプルな構成のほうが面白かったということも十分ありうるわけで、漫画家としてはこれから「チャレンジ」だろうなあ。

個人的には、今の感じも面白いと思う。

安田剛助『キラキラガールズ』全3巻

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

同じ作者の『じけんじゃけん!』がツボ過ぎて、過去作を購入。

こちらはまあ、習作だねえ。それなりに面白いんだけど、しっちゃかめっちゃか過ぎる。

安田剛助『じけんじゃけん!』1〜2巻

じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)

じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)

じけんじゃけん! 2 (ヤングアニマルコミックス)

じけんじゃけん! 2 (ヤングアニマルコミックス)

ミステリマニアな先輩(♀)と、先輩が好きなのでミステリ研究部に入った主人公(♂)、主人公が好きなのでミステリ研究部に入った女の子(♀)、先輩が人間的に好きで日本にまで来てミステリが好きなふりをしている女の子(♀)と、結局ミステリ好きなのは先輩だけなのだが、先輩は他の皆もミステリ好きもしくはミステリ好きの才能があると思って、それなりに上手く回っている幸せな世界。広島弁に癒されるライトなミステリ漫画である。正直かなりツボ。

つくしあきひと『メイドインアビス』6巻

メイドインアビス(6) (バンブーコミックス)

メイドインアビス(6) (バンブーコミックス)

隅々まで探索されつくした世界に唯一残された秘境の大穴・アビスへと挑む冒険ファンタジー……というとワンピースみたいな男のロマンみたいなのを連想するが、本作は全く違う。アビスは横穴ではなく縦穴で、深層に潜ると(なんだかんだの本作の独自設定で)戻ることが極めて困難になる。というか主人公たちは生きて地上に帰ることができるラインを既に超えてしまい、生き残るだけでも厳しい環境の中、もはや進み続けるしかなくなっている。そしてさらに戻ることが困難になるという矛盾。しかし主人公の少女は、深層にいると言われる母親に会いたいという一心で、シリアスにならず前向きに冒険をしている。

それが異様である。

可愛い絵柄と相まって実に異様だ。

といっても可愛いのは主人公たちの原則的な造形だけで、世界はグロテスクそのものだ。また主人公たちに接触してきた登場人物(?)の多くは既に人間としての姿を保つことすらできない怪物に成り果てており、そのまま「成れ果て」と呼ばれている。そして主人公の3人(?)の仲間も、(可愛らしい姿をしているものの)ロボットと、成れ果て(ただし人間に近い格好で思考や言語も問題ない)、そしてかつての同志が飼っていたペット(詳細不明)である。

本作もいよいよ何とも言えない複雑怪奇な世界に突入し、さあどうなる、という感じ。最近アニメ化されたようだが、わたしとしては「よくアニメ化したなー」という感想である。今のところハッピーエンドを迎える感覚は皆無なのだが。

ジョージ朝倉『ダンス・ダンス・ダンスール』6巻

ダンス・ダンス・ダンスール(6) (ビッグコミックス)

ダンス・ダンス・ダンスール(6) (ビッグコミックス)

ジョージ朝倉がダンス漫画を描くかーと思ったものだが、いざ読むとしっかり面白い。というか合っている。ダンスは情念のスポーツだな。一旦道が別れたヒロインやライバルとも、また近々関わり合っていくような予感。