インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『カルドセプトDS』

カルドセプトDS

カルドセプトDS

簡単に言うと、陣取りゲームとカードバトルの合体になるのだろうか。サイコロを振ってフィールドを移動し、止まった土地に自分が持っているクリーチャー(モンスターのこと)を配置する。その後、敵プレーヤーがその土地に止まれば、通行料を徴収できる、というゲームシステムである。その土地のレベルを上げる(つまり土地開発をする)ことで、通行料を上げることもできる。
ただし、その土地に止まった側はただ指をくわえてお金を徴収されるばかりではなく、自分の持っているクリーチャーをぶつけて戦闘を仕掛けることができ、その戦闘に勝てば、通行量を払わずに済むばかりか、その土地そのものを奪うこともできる。この攻守のバランスが絶妙なのである。実にハマる。
1回ごとの戦闘はけっこう長いのだが、それでもRPGなんかに比べると、細切れ時間で遊びやすいのも良い。社会人になると、どうしても長いゲームはやりづらくなるんだよな。