インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『バットマン・ビギンズ』

バットマン ビギンズ [DVD]

バットマン ビギンズ [DVD]

俺は映画館に行くという習慣がなく、有名な映画もほとんど観ていない。『E.T.』も『タイタニック』も『ロッキー』も『ターミネーター』も『スパイダーマン』も観ていない。もちろん『バットマン』も観ていないのだが、最近よくDVDを借りていることもあり、メジャーな映画を借りてみようということで、バットマン・シリーズの第一作と思しき『バットマン・ビギンズ』を借りてきた次第。借りてきた後で知ったのだが、バットマンの歴史はかなり長く、『バットマン・ビギンズ』はクリストファー・ノーラン監督による新シリーズだったんだな。まあシリーズ第一作であることは確かだったので、結果的には助かった。
で、観た感想だが、思った以上にシリアスだった。俺は勝手に、昼間は冴えないサラリーマンの主人公が、ふとしたきっかけでバットマンに変身できるようになり、夜はバットマンとして世直しをするようになる――という、典型的なアクションコメディを想像していた(友達から、それはスーパーマンだろという指摘を受けた)。しかし実は全く違っていて、凄く金持ちだけれど特殊なDNAなんて持っていない主人公が、ひたすら体を鍛え、かつ有り余る財力も駆使して、「超人」になるというプロローグ。序盤は「よくわからない」という感想だったが、途中からなかなか面白くなってきた。
ちなみに渡辺謙が出ていた。