インキュベ日記

書評3200冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

村上春樹『羊をめぐる冒険(下)』

羊をめぐる冒険 (下) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険 (下) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上)』では冒険らしい冒険はまだそれほど多くはなかった。一方、本書では、「羊」とは何かといった物語の核を明らかにするため、「僕」が冒険を始めるがシーンが中心となる。最後の謎解きはとても切なくなった。読後は何とも言えない感情に包まれた。しかしながら、村上春樹は個人的な思い入れの強すぎる作家であり、どうも上手く書けない。もっと上手く表現できたら良いんだけど。