インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

大川慎太郎『不屈の棋士』

不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)

わたしの長年の友人が将棋にハマっているとのことで、紹介されて読んだ本。

確かに売れている本ではあるのだが、観戦録や戦術書ではなく、AIと将棋の関係に迫ったインタビュー集というのがなかなか渋い。

個人的には、別に将棋ソフトが人間の棋力を抜いたところで何の落胆もしない。人間はミスをする、そして体調や心理状態が勝負に影響する。それが面白いのではないか。例えばマラソンだって、単に心肺機能やスタミナの勝負をしたいだけなら、ペースメーカーをつけて、一人ずつベストな状況で走れば良いのである。しかしそうはしない。ベストなペースでベストなタイムを出せばそれだけで勝てるかもしれないのに、42.195キロという極限の戦いを乗り切る可能性を少しでも上げるために、相手を揺さぶって自分が有利に立とうとする。そういう駆け引きがわたしは面白い。また、たとえ車の方が速くても、人間の力の限界を見せようとする100メートル走にわたしは痺れる。要は、わたしは「車や原付の方が速くてもボルトの偉業には価値がある」「ヒグマや戦車の方が強くても、人間同士の柔道や総合格闘技の鬼気迫る攻防は面白い」と考えるタイプなのだ。

しかし将棋ファンや棋士としてはそうではないようで、この何年か、様々な議論が繰り返されてきたし、その結果として新たなファンを獲得すると同時に、これまでのファンが離れてしまう事態にもなっているようだ。そうしたことを踏まえ、ある種の危機感というか、棋士や将棋ファンは将棋ソフトとどう向き合っていけば良いのかを、現役棋士へのインタビューを素に掘り下げようとしている。

わたしの考えは上記の通りで、本書を読んでも変わることはないのだが、棋士の様々なスタンスや葛藤には、色々と考えさせられた。非常に面白い本である。

ケンドー・カシン『フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで』

フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで

フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで

ケンドー・カシンは現役プロレスラーでありながら早稲田の大学院に通い、その後大学非常勤講師になったのだが、別に教育論などを述べた本ではない。もう純粋に、ケンドー・カシンの半生をインタビュー形式で明らかにした本である。わたしはケンドー・カシンの大ファンなのだが、大ファンだけに「まともな本ではないのではないか」と懸念しながら購入していた。カシンの言動は非常に破天荒で、プロレス界きっての問題児と呼ばれているからである。しかし思っていたよりも真面目に語ってくれている。

とはいえ、そこはカシンである。真面目と言っても、どこか人を食っている。例えば、本書のインタビューの冒頭はこんな調子である。

――永田裕志選手の自伝は、永田さんが病魔と闘う少年を「俺も頑張るから、君も頑張るんだぞ」と元気づけ、その後、試合に負け続ける永田さんを、少年が「今度は僕が永田さんに勇気を与える板です」と励ましたという感動的な話から始まるのですが、カシンさんにはそういうかたはいないのですか?

 僕は永田くんと違って、そのようなファンには一度も出会ったことがございません。ただ、創作することはできますが?

――いえ、そういうわけにもいかないので……。

基本的にはケンドー・カシンのファン・グッズだが、色々あけっぴろげに語っているので、プロレスファンや格闘技ファン全体に薦めることもできるかな。極私的には必読。

侍留啓介『新・独学術』

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

副題は「外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法」とある。

記載の大半を占めるのは、大学受験用の参考書を買って独学しなさいということと、どの参考書をどう使っていけば良いかということである。

まあ冷静に考えると、わからんでもない。確かに大学受験用の参考書は、わかりやすさも効率も、一般の教養書以上に徹底して合理的でなければ、受験生の支持は得られない。

椋木修三『超高速勉強法』

超高速勉強法

超高速勉強法

「精読」「熟読」の名の下にちんたら勉強するのは止めて、流し読み&反復で、何度もトレーニングすべし。

一言で書くとこれだけなのだが、まあ確かにそうかなと思う。わたしもよく、わからないのでついつい「沈殿」するように勉強することがあるが、わからないことはわからないので、さっさと色々な本や論文に当たっていく方が、結局は理解度が高まっている。(資格勉強は全然やらないので違うかもしれないけど)

読書猿『アイデア大全』

アイデア大全

アイデア大全

思考法や発想法を集めて解説した本。昔『考具』とか『アイデアのつくり方』といった本があったが、それをもっと徹底した感じ。質も量も十分で、発想法に関する本は一旦これでファイナル・アンサーとして良いのではないか。発想するために大事なのは、発想法の本をいくつも読むことではなくて、実際に発想を繰り返してみることである。

米原万里『打ちのめされるようなすごい本』

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

ロシア語の同時通訳者が書いた本。わたしは寡聞にして全く知らなかったが、エッセイストとしても有名らしい。ただあまりグッと来る感じではなかったなあ。

Shin『コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた7つの仕事術』

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

最近ブイブイ言わせているブログの書き手が出版した本。

戦略コンサルに入ったものの、コンサルどころかフツーの会社でも役に立たないレベルだった著者が、1年発起して成果を出すまでにやったことを公開……みたいな感じ。まあまあかな。